2011年01月25日

体裁の統一のお願い

書き手として文章の表記方法にはそれぞれ思い入れやこだわりがあると思いますが、ひとつの冊子として見た目を統一するため、また、編集作業の便宜のために体裁の統一をお願いします。

・行頭は1文字空けてください。(ワードなどでインデント設定をしていると、一見1文字下げされているように見えるもののテキストファイル化すると文字下げが消えてしまうことがあります。メモ帳などに一旦貼り付けて、きちんと字下げができているか確認してください)
・会話文のカギ括弧は1字空けせずに行頭に入れてください。
・数字は基本漢数字でお願いします。(タイトルその他で必要な場合はアラビア数字やローマ数字を利用しても構いません)
・閉じカギ括弧の前に句点は入れない。「〜だった。」ではなく「〜だった」でお願いします。
・ルビは青空文庫形式(こんな|漢字《かんじ》)で入れておいてください。《 》 は括弧です。 ≪≫ は使わないでください。
・ルビ以外の場所で《 》を使わないでください。(《》部分を変換ソフトでルビにするため)
・三点リーダー(……)やダッシュ(――)は2つ繋げて使用してください。
・!や?や!!や!?など記号のうしろは1文字空けてください。!!や!?など二つ繋げるものは半角で。
・句読点は点(、)と丸(。)を使ってください。カンマ(,)ピリオド(.)は使わないでください。
・段落の前後や会話文の前後を1行空けするかしないかは、ご自由にどうぞ。
・「折り返し」設定をしていると行の途中で改行が入ってしまう場合があります。恐れ入りますが、行の途中で改行されている場合は改行の削除をお願いします。

 こちらでやると作業量が増えて他の編集作業が滞ってしまうため、皆様のご協力をお願いします。
posted by なび at 10:55| 作品を提出する前に