2011年07月08日

推敲・校正のお願い

作品を提出する前に、必ず推敲・校正をお願いします。

当企画における校正スタッフによる校正は、誤字脱字・表記揺れのチェックを基本としていますが、推敲・校正が十分でない作品を提出された場合は、どうしても、誤字脱字以上のチェックをする必要性がでてきてしまいます。
初心者で、推敲・校正のやり方がよく分からないと思われる方には、それなりのアドバイスや修正コメントを差しあげていますが、それらのコメントが多ければ多いほど、どうしても校正者の意向や好みが作品に反映されてしまう危険性が高まってきます。それを防ぐには、提出前に十分な推敲・校正をしていただくほかありません。

そこで、推敲・校正時にどのような点をチェックすればよいのか、わかりやすいように、校正係が行っているチェック事項をリストとしてまとめてみました。

1) 作品全体をチェックする(短編専用)

S-1) 作品全体をチェックする(ショートショート専用)

2) 章(または大段落)ごとにチェックする(短編専用)

3) 1行ずつチェックする(短編・ショートショート兼用)

4) 単語ごとにチェックする(短編・ショートショート兼用)

5) 1文字ずつチェックする(短編・ショートショート兼用)


原稿用紙換算で、数枚程度のショートショートの場合は、S-1・3・4・5 のチェックシートをご利用ください。
それ以外の作品は、1・2・3・4・5 のチェックシートをご利用ください。

チェック1〜3は主に推敲として行うべき項目で、4、5は校正として行う項目になります。

また、上記チェックシートによるチェックと同時に、このカテゴリー「作品を提出する前に」に記載した、他のチェック項目も合わせて参考にしてみてください。

作者さまの方で、十分な推敲・校正をしていただいたうえで、ひとりではどうしても見逃してしまう部分を第三者の目でチェックするために校正係がいるとお考えください。未推敲・未校正の作品をそのまま提出することは、ご遠慮くださいますようお願いします。
校正者の意向や好みを、作品に色濃く反映させてしまうような事態は、校正者が本来望むところのものではございません。その危険を極力避けることができるように、参加者の皆さまには、ご協力のほど宜しくお願いいたします。

なお、3号からは、推敲・校正が不十分であることが判明した時点で、校正作業を中断し、一旦作者さまにお返しして、十分な推敲・校正をほどこした上で再提出していただくことにしたいと思います。

返却基準は、

誤字脱字・表記ゆれが極端に多いもの。
チェック項目を参考にチェックしていれば気付くような矛盾点や、表現の不備などが極端に多いもの。

などです。

もちろん、作者が十分にチェックしたつもりでも、これらのミスはどうしても残ってしまうものです。そうしたチェックもれを無くすために校正者がチェックをするわけですから、もれがあるのはむしろ当然であり、もれがあるからといって、全て返却するものではありません。
ただ、推敲・校正もれの頻度が他の作品に比べて極端に多い場合、または、事細かにコメントすることで、作品を壊してしまう恐れがある場合、作風を変えてしまう可能性がある場合などに限って、作者さまの目でもう一度作品をチェックしなおしていただきたいと思います。

校正作業は、校正者好みの作品に書き換えることを目指しているのではなく、作者自身の手によって、よりよい作品に仕上げていただくためのお手伝いを目的としています。
校正によって、作品を壊してしまう結果になることだけは、なんとしても避けたいと思っています。

参加者の皆さまには、そうした作品と校正との微妙な関係をご理解のうえ、ご協力頂けますようお願いいたします。
posted by なび at 22:48| 作品を提出する前に